お酒を飲む時にお酢料理が良い理由

私は良くお酒を飲みます。地元では梨の生産者が結構いるので、梨を食べる機会が非常に多いのですが、つい先日梨で作るワインを通販で見つけました。なかなか珍しいものですよね、梨のワインとなると。今日はそんなワインの飲み方とワインに合うお酢料理をご紹介したいと思います。

ストレスと上手なお酒の飲み方

ストレスが溜まった時、付き合いの時などお酒を飲む機会が多くなりますね。そんな風に、ストレスをこまめに解消することはとても大切なことです。そして明日への活力としましょう。
しかしお酒を飲むと、ちょっと心配なことがあります。それは飲みすぎてしまうことです。お酒が好きという人は、特にそんな状態になります。またお酒が良い人は、よりお酒に飲まれてしまうこともありますね。そんなことになると、二日酔いになって苦しむことになります。元気で過ごしたいと思っているのに、お酒で元気がなくなると困ります。そのため、良いお酒にすることができるように工夫をしましょう。

お酒と一緒にお酢料理

そんな時、工夫をすることの一つとしてお酒の時に食べる食事があります。食事を工夫することにより、とても体調が良くなるのです。ストレスを解消して、良い状態を保つことが出来るような食事を作りましょう。ここでは、お酒を飲む時にぜひ取りたい食事に付いてご紹介します。それを知って、自分の体をいたわりながらお酒でストレスを解消してくださいね。

・お酢を使った料理を食べる
お酢や合わせ酢には、体の中のアルコール濃度が高まることを抑える働きがあります。そのため、ビールを飲む前に、日本酒を飲む前に万能調味料で簡単に作った料理を食べて欲しいのです。いきなりぐっといきたいところですが、それだととても酔っ払ってしまいます。それだけだといいのですが、その後にかなり肝臓に負担をかけることになるのです。その結果、翌日に体がだるい、吐き気があるなどの症状が見られるようになります。それは避けたいですね。そのためには、お酢料理を食べてからぐっと飲むようにしましょう。

・酢の物をつき出しにする
最初に食べる料理を酢の物にすることにより、胃を守ることができます。酢の物には、合わせ酢が使われています。そのため、最初にそれを食べると胃の中の停滞時間が長いので、一緒に飲むお酒もゆっくりと体に浸透することになり二日酔いを予防することができます。