玉ねぎのドレッシングで血糖値を安定させる

玉ねぎとお酢の健康法

食事については、気をつけていると思っていてもそんなことがないこともありますね。好きなものを食べている時が、一番幸せと思うこともあります。しかしそのような食生活を続けていると、体が疲れやすくなったりして後々で困ることが出ています。ますます元気を維持して働きたいのに、そんなことになると大変です。

その時、特に注意をしたいのは血糖値です。血糖値が高いと血管を傷つけることになりその結果、血管がもろくなることで様々な病気が心配されるのです。そのことから、血管を守るためにも血糖値を安定させておきましょう。
そんな時、酢玉ねぎで作るドレッシングがとてもいいのです。そのことに付いて、ご紹介します。

ドレッシングにお酢を使う

ドレッシングと言うと、自家製で作ったほうがずっと美味しいです。それはなんといっても、自分の味にすることが出来るということです。酸っぱいものが好みであればお酢や合わせ酢を多く使うとできます。また、サラダ油やオリーブ油などをどちらを使ってもそれぞれの風味を感じられるので、その違いを味わうことが出来るドレッシングもいいですね。そんな風に、楽しむことが出来るし、醤油を加えてぽん酢のようなノンアイルのドレッシングも作れるので、サラダ用ドレッシングを通販で購入したお酢で作ることをオススメします。
そしてそのお酢には、血糖値を穏やかにする作用があります。そのため、食前にそのドレッシングを使ったサラダなどを食べるととてもいいです。

・酢玉ねぎドレッシング
ドレッシングには、胡椒等を入れることが多いです。その時、そのドレッシングの中に刻んだ玉ねぎを入れるようにします。それは、通常のドレッシングよりもボリュームがあるのでおいしく食べることができるのです。
玉ねぎには、血糖値を安定させるインスリンの働きを助ける作用があります。そのため、お酢と玉ねぎが含まれているドレッシングは、血糖値を安定させるためにはとてもいいのです。
ドレッシングは、魚や肉類にかけてもおいしく食べることができます。ほのかな酸味を感じることが出来るのでその点でもいいですね。