煮物料理って本当に難しい?

日本の食卓では煮物料理が良く出る和食ではないでしょうか?ですが、この煮物料理というのはなかなか難しい印象を持たれがちです。今日は人気の調味料でおすすめできる煮物料理の難しさってなにかということを考えてみましょう。

まず、おいしい料理に欠かせないのは「下処理」です。個人的にはここが一番煮物料理を難しいと思わせる要因だと思っています。食材の下処理の有無で味の含み方などが大きく変わります。煮物料理は特にそれが顕著です。

また、煮物が難しいと感じられる理由は「味付けの難しさ」「味のバランスがとりにくい」というのも大きなポイントになってくると思います。煮物は砂糖、醤油、酒、みりんなどおおくの調味料を使います。味付けが手間に感じたり難しいのはこの辺りが理由なような気がします。ただ、最近は通販で人気の調味料といえば、簡単調理ができる「なんでもごたれ」という煮物料理にぴったりの調味料がでてきました。味付けはこれで簡単にできてしまうようです。友人に勧められて使ってみましたが、美味しく、今までの苦労って何だったんだろう?と思ってしまいました。

煮物のおいしさを左右する下処理をしっかりしさえすれば、味のバランスは調味料がちゃんと整えてくれるので、そう考えると煮物料理って案外難しくないんじゃないのかなっておもいました。

コメントは受け付けていません。