甘辛な丼物をお酢ですっきりアレンジ

毎日の食事を考えるのって大変ですし、たくさん作っても後片付けが大変ですよね。そんなときは料理をひとつに盛り合わせるだけでご飯もボリューミーになり、食べ応えもまして、フォトジェニックな印象になりますよね。日本料理だと丼物がその類になります。甘辛たれを絡めた天丼はご飯の上に盛り付けるだけですけどついつい食べてしまいますよね。片付けも非常に楽になるので、オススメです。また食欲が薄れているときにおいしいだしでお茶漬けにすればさらさらと食べられるようになります。べんりな調味料を取扱っているサイトを見つけました。お酢を始め万能な甘辛たれを通販で販売しています。ここの通販を活用すればいろんな簡単な料理もできそうです。

夏ではひと味違うアレンジで

しかし夏などには、その丼を食べることができないと思うこともあります。そんな時には、丼をあっさりと食べることができるようにアレンジをしてみませんか?外国の料理の中では、レモンやその他の酸っぱい香辛料を使うことが多いです。それは、疲れた体にとても良いことと、さっぱりした風味になるので食べることができるのです。そんな風に、日本の丼もアレンジをさせるといいですね。

お酢で丼物アレンジ

その時使うものとして、お酢があります。お酢は、酸っぱく感じるので食欲をそそります。そして食べたあとも、後味としてさっぱりしているので胸にもたれることが少ないのです。丼ものを食べた時に、ちょっと苦しい後が辛いと思う人は、お酢を使った丼にチャレンジしてみませんか?すると、さっぱり食べれて、その後も気持ちよく過ごすことができます。
ここでは、そんな丼についてご紹介します。

・鶏肉
鶏肉を使った丼は、親子丼などがありますね。それをアレンジして、ポン酢味の鶏肉を使った丼にします。
鶏肉は、胸でもささみでもいいです。その二つを使うと、よりさっぱりしたダイエット料理にすることができます。またもう少しパンチのある鶏肉がいいと思った時には、もも肉を使います。

・ポン酢であえる
鶏肉はあげてもいいし、そのまま茹でてもいいです、その調理した鶏肉を、ポン酢であえます。その時、野菜も欲しいですね。そのため、ネギ、しょうがを刻んだものを一緒にポン酢の中に入れるのです。すると、ネギとしょうがにもポン酢の爽やかな味が染み込んでとても美味しい調味料とすることができます。
ご飯の上に、調理した鶏肉をのせてその上から、ネギや生姜が入ったポン酢を少しかけることにより、さっぱり丼をつくることができます。