話題のお酢で快腸生活

便秘にはお酢が良いって知ってましたか?便秘に効くお酢ときのこのピクルスを紹介しています。※合わせ酢は通販で話題の魔法のお酢を使用しています。

お酢の力で腸内環境を整える

便秘になった時、まず見直すべきと挙げられるのが生活習慣です。食物繊維や運動が不足しているのなら、意識して増やしていかなければなりません。意識して実行するというのはなかなか難しいことです。また食事を大きく変えることにストレスを抱えるかもしれません。そんなときにはお酢が活躍します。

お酢には新陳代謝を高める効果があり、それによって腸のぜん動運動を活発にし、腸内環境を整える効果があります。リンゴ酢や黒酢など、ご自分にとって飲みやすいものを1日15ml程度飲むようにしましょう。空腹時は胃腸に負担がかかるため避けてください。便通効果を促進するには、朝食後に飲むのがおすすめです。

2種類の食物繊維を使い分ける

食物繊維には水溶性と不溶性のものの2種類があり、水溶性のものはりんご・みかんなどの果物、人参・キャベツに含まれています。また不溶性のものは大豆やイモ類、ごぼうなどの根菜類や、きのこ類、穀物など、繊維質の食材に多く含まれるのが特徴です。便が硬いときは水溶性、下痢になりやすい方は不溶性の食物繊維をそれぞれとりましょう。

お酢のぜん動運動を活発にする力とそれぞれの食材をあわせれば便秘知らずの体になりそうですね。お酢と食物繊維をうまく組み合わせたレシピをご紹介します。

お酢+水溶性食物繊維

食べやすい大きさに切ったキャベツに合わせ酢と醤油で作る酢醤油につけて食べるだけの簡単な料理です。手間もそんなにかからないのであと一品欲しいというときにもオススメの料理です。またお酒のおつまみとしてもおしいです。

お酢+不溶性食物繊維

煮沸消毒した瓶に、炒めて軽く味付けをしたきのこをいれ、合わせ酢に漬けた食べやすくておいしいピクルスです。食感もよく味もよくしみこんでいてきのこの風味でとてもおいしい一品です。手間もかからないので急な一品のときは漬けずにそのままお酢で炒めてすっきりとしたきのこのお酢炒めにするのも良いです。

お酢と食物繊維を組み合わせて便秘知らずな体を作りましょう。