あなたの好きなお雑煮は

お正月に食べるお雑煮の歴史は古く、始まりは平安時代だといわれています。餅は古くから農耕民族である日本人にとって、お祝いごとや特別な「ハレの日」に食べる「ハレ」の食べ物でした。年神様に供えた餅や里芋、にんじん、大根などを、その年の最初に井戸や川から汲んだ「若水」と、新年最初の火で煮込み、元旦に食べたのが始まりといわれています。雑煮の語源は「煮雑ぜ(にまぜ)」で、色々な具材を煮合わせたことからきています。お正月の三が日におせちやお雑煮を食べる際には「祝い箸」という両方の先が細くなったお箸を使いますが、これは取り箸と食い箸の両方に使えるように……というわけではなく、一方を人が使い、もう片方は神様が使う「神人共食」を表したものです。このようにお水や箸にまでこだわりがみられるエピソードからも、雑煮がいかにハレの日の食べ物かがうかがえます。

地域や家庭によってお雑煮の作り方は様々です。お餅は丸餅なのか、角餅なのか。焼くのか煮るのか。澄ましなのか、ぜんざいなのか、みそなのか…と組み合わせは多くあります。今では通販で簡単に調味料も食材もそろえることができるので、いろんなものに挑戦することができます。家庭の定番のお雑煮を食べつつ、たまには違う食べ方っていうのもしてみてはいかがでしょうか?

 

コメントは受け付けていません。